ワイン x 学ぶ 
ワイン in イタリア
Q&A
受講生の声
お問い合わせ先

VINO ITALIANO ti cambia la vita IN MEGLIO.

Web2_3

Fis52anni_2

イタリアワインを基礎から学ぶ

ワインの選び方や、合わせるお料理を知ることで、ワインがもっと楽しくなります。

Base_7

いつからでも始められる身近なイタリアワイン基礎コース。

 普段イタリアワインを飲むけれど、余りよく分からないといった方... 基礎を学んで楽しみ方が拡がります。

Base1

イタリア各州にはそれぞれの歴史や文化があります。そんな背景と更に造り手(人)を関連付けて、ワインを学びます。

Base2

    イタリアワインの選び方って難しいと感じる方... この系統立てた内容で学べば、お店で率先して選びたくなります。

Base3

ソムリエ資格はあるが、イタリアワインは良くわからない...  このコースではイタリア専門に学べるので効率よく、知識を深められます。

Abbinamento

調理法も考慮した食事の分析をグラフにします。これで簡単に合わせるワインの特徴が分かります。

Base4

 テイスティング表現シートを使って、講師のガイドで実践しますので安心、分かり易いです。

Abbinamento1

イタリアの郷土料理も各土地に沢山あります。また合わせ方を学べば他の国の料理にも合わせられます。

Master

イタリアの数多い土着品種は、イタリアワインの魅力のひとつです。 

Master1

土壌やミクロクリマといった育つ環境で同じ品種も違った味わいのワインに仕上がります。実践と共に

体感ください。

Abbinamento2


イタリアには食材が豊富です。更に各土地で伝統的に作られ、守られているDOP食材は知っておきたい。

Master2

イタリアワインを詳しくなると、より仕事の幅が拡がります。

Master3

テイスティングの実践数が多いので、テイスティング方法が身に付きます。

Master5

イタリア人の創造性の豊かさが、造り手の味わいを生み、ワインもまた個性があります。

Ivsjapan1

イタリアのワインとお食事を合わせる、イタリアワイン愛好家が開くイベントに参加してみませんか。

Roma1

イタリアのローマのホテルカヴァリエレに本部があるBIBENDAでは、沢山のコースやワインイベントが開催されております。 次は3月10日の OSCAR DEL VINO! オスカーデルヴィーノ!

***************************************

***************************************

2017年に引き続き2018年『ワインとグルメの資格と教室』(イカロス出版)

 でも紹介されました!

 数少ないイタリアワインを専門に学べるコースが充実しております。

  イタリア

201820181_2

ワイン専門に学べるコース

対象は①イタリアワイン好きで選び方や楽しみ方を豊かにしたい方。 

②お仕事でイタリアワインを扱う方でイタリアワインの各土地の特徴、違いの知識を深めたい方。 

③資格を取得したい方。 

④テイスティンの実践力を付けたい方  

イタリア人シニア講師が来日して、情熱的で楽しいコース。必見です!

***************************************

イタリアワイン専門に学べるコース

対象は①イタリアワイン好きで選び方や楽しみ方を豊かにしたい方。 

②お仕事でイタリアワインを扱う方でイタリアワインの各土地の特徴、違いの知識を深めたい方。 

③資格を取得したい方。 

④テイスティングの実践力を付けたい方  

イタリア人シニア講師が来日して、情熱的で楽しいコース。必見です!

***************************************
Il corso è organizzato in collaborazione con Fondazione Italiana Sommelier (con il riconoscimento giuridico della Repubblica Italiana) e Worldwide Sommelier Association, che hanno esperienza pluridecennale nell'organizzazione di corsi per sommelier. I docenti sono relatori della F.I.S. e della W.S.A.
 

***************************************


Copyright(c) All right reserved. 2014  Lingua x Cultura Italiana - LCI 

Ivs_4