ワイン x 学ぶ 
ワイン in イタリア
Q&A
受講生の声
お問い合わせ先

イタリアワインソムリエ WSAマスターコース 

1


WSA IL CORSO MASTER VINI ITALIANI SOMMELIER  2018

 このMasterコースでは、イタリアワインの知識を更に深めます。とりわけ、土着品種、ミクロクリマに焦点を置きます。土壌の違い、造り手によって、同じブドウ品種でも変わっていくワインのテイスティング実践と共に行われます。

講師はFondazione Italiana Sommelier のシニア講師 

ローマに本部があり、あらゆるワインコースをほぼ毎日開催しており、更にワインガイドBIBENDA(ブドウの房Grappoloで評価)を出版しています。


=======こんな方にお勧め!=======

■ テイスティング力を高めたい方; 講師の適格なガイディングで進められますので、知識も広がります。

■ イタリアの土着品種の知識を深めたい

■ 土壌やミクロクリマを詳しく知りたい

■ イタリア本場のテイスティング方法を学びたい; 国際的に共通する用語でワインの表現方法を学びます。


 イタリアワインソムリエ WSAマスターコース CORSO MASTER 第2回 】

 3時間x3日間 

 【日程】 レッスン1日目   2018年 2月 8日(木)   13:00 ~16:00

             レッスン2日目  2018年 2月 9日(金)  13:00 ~16:00

         レッスン3日目  2018年 2月10日(土)  13:00 ~16:00

 各レッスンは講義とテイスティング実践で構成されております。


【プログラム】

【目的】イタリア南部で造られるワインの現在における品質を理解する。

【1日目】AGLIANICO e PRIMITIVO~カンパーニア州、バジリカータ州、プーリア州

     テイスティングは異なる土壌で造られる同ブドウ品種のワインを比較する。

        (予定のテイスティングワイン)

  • AGLIANICO VULTURE  
  • TAURASI 
  • PRIMITIVO -  Amastuola
  • PRIMITIVO -  
  • PRIMITIVO - Croatia  

 【2日目】 CANNONAU~ サルデーニャ州   ビオディナミ、エリアの違いなど

       (予定のテイスティングワイン) 

  • CANNONAU: (Biodinamico)-DETTORI
  • CANNONAU: (Mammoiada)-SEDILES
  • CANNONAU: SERRA& MOSCA 

【3日目】NERELLO MASCALESE e NERO D’AVOLA ~シチリア州 造り手による違い

      (予定のテイスティングワイン) 

  • NERELLO MASCALESE:GIROLAMO RUSSO  
  • NERELLO MASCALESE:Tenuta nelle terre nere
  • NERO D’AVOLA: Arianna Occhipinti
  • NERO D’AVOLA :Duca di Salaparuta

 【受講料】  60,000円(税別)  テキスト、テイスティングワイン全て込み

 【定員】  12名 


club club club club club club

【お申込み・お問い合わせ先】

Eメール:info@lci-italia.com TEL0422-24-8897  LCIイタリアカルチャースタジオ

【主催】   IVS 日本イタリアワインソムリエ協会

【企画運営】 LCIイタリアカルチャースタジオ

***************************************
Il corso è organizzato in collaborazione con Fondazione Italiana Sommelier (con il riconoscimento giuridico della Repubblica Italiana) e Worldwide Sommelier Association, che hanno esperienza pluridecennale nell'organizzazione di corsi per sommelier. I docenti sono relatori della F.I.S. e della W.S.A.
 

***************************************


Ivs_4

Copyright(c) All right reserved. 2014  Lingua x Cultura Italiana - LCI